nlpとはなんなのか|コミュニケーションが苦手な方に

文房具

nlpの持つ役割

男性

nlpとは神経言語プログラミングと呼ばれる、人の価値観を変えるトレーニングです。nlp協会から認定を受けたトレーナーの下で、コミュニケーションを主体としてトレーニングを受けることになります。元々は戦争での体験により心理的ダメージを受けた帰還兵のために、カウンセリングで行われていたものです。nlpとは、過去の出来事にアプローチすることで、そこで感じた感情などを書き換えるものとなります。そのために現在抱えている悩みを解決したり、求める目標に近づくことができます。出来事に対しての感情や行動といった反応を変えることによって、未来が変わるというわけです。コミュニケーションを主体としてトレーニングが行われるので、コミュニケーションスキルも高まることになります。

nlpとはビジネスなどにおいて応用されることで注目されるものです。コーチングでは対応できないような場合にも活用されます。コーチングは、元々目的意識を持っている人に有効となるものです。その目的意識を持たない人に働きかけることで、新たな価値観をもって意欲的になるわけです。nlpとは深層心理に働きかけるものなので、意識的には上手く目標設定ができない人に対しても効果的に影響を与えることができます。同じ出来事に対しても沸き起こる感情が変わることで、自然と振る舞う行動も変わるわけです。それが自分の望む未来につながるとあって、大いに注目されています。ビジネス以外にも日常生活で活用することができるのも魅力となります。

知的財産権を守る方法

講義

知財セミナーでは講師が招かれて、さまざまな知的財産権について説明しています。知財は、著作権や特許、商標などに分かれていますから、知財セミナーもそれらの中から、興味のあるテーマのものを選択することができます。

Read More

問題を解決するための人材

セミナー

社会福祉士の現状は全国的に不足気味です。充足率が90%と高く見える新潟でさえも、未だに多く社会福祉士と必要としています。もちろん社会福祉士になることは、決して簡単ではありません。高齢者問題や介護問題に関する福祉の相談には、その専門的な知識を持つ人材が必要です。これからの日本の課題となるでしょう。

Read More

リハビリのスペシャリスト

相談

おもにリハビリに関する業務を取り扱う資格に言語聴覚士がありますが、国家資格であるために専門的な知識を必要とすることが多々あります。そのため養成学校や専門学校なども存在しており、資格取得のためにそういったところで学ぶ人たちもたくさんいます。

Read More