問題を解決するための人材|nlpとはなんなのか|コミュニケーションが苦手な方に

nlpとはなんなのか|コミュニケーションが苦手な方に

婦人

問題を解決するための人材

セミナー

相談できる人たち

社会福祉士とは、障がいのある人たちの福祉に関する相談に対して助言などの指導や援助を行う専門職です。社会福祉になるためには社会福祉主事任用資格が必要です。この資格は、大学で厚生労働省の指定する社会福祉に関する三科目以上の履修を取得し、卒業した者に与えられます。社会福祉士が具体的にどのような仕事をしているのかというと、高齢者介護、障がい者支援、生活保護、児童福祉など、福祉全般の相談を受けて、それを解決、サポートをする仕事です。つまり、福祉に関する知識の多くを必要とします。社会福祉士についての理解をふまえたうえで、新潟における社会福祉士の話をします。現在、新潟では社会福祉士の充足率が90%以上と高くなっています。これは新潟で、社会福祉士が多く必要とされているということです。現在も、新潟の社会福祉士の求人は多く募集されています。

困っている人々のために

社会福祉士を必要とする地域は主に、高齢者問題などの地域における問題を抱えていることが挙げられます。さきほど話したように新潟県では社会福祉士の充足率は90%以上と高い、と話しました。しかし、100%には達していないのです。他の県で見てみますと、最低で70%以下、全国平均にして85%です。確かに新潟は平均よりも上ではありますが、他に98%の県などが存在していて、決して高いわけではないのです。福祉の仕事には知識も多く必要とされており、資格も簡単に取れるわけではないので、人材の確保が難しい状況です。高齢者問題や介護問題を解決するために相談する人は必要です。新潟県では、未だに多くの社会福祉士を必要としているため、求人の募集がされています。